セスランスくん最後の晴れ舞台の水有利古戦場

武器を愛し、戦いを見届けることを使命とする鍛治の名工。生み出せれる道具は、厄災から守る盾となるか、無慈悲な厄災となるのか。委ねられる者の手によって、その道具の運命は決まる。どちらになろうとも、鍛治はその道具と扱う者の運命を見届けるのである。

セスランスぅぅ(*´-`)

召喚石としての役目は終わったのかな?

火にはシヴァという高すぎる壁があるから並みの召喚石じゃ話にならない。ターン経過で200%まで上がれば面白そうだけどそんなことあるワケもないし古戦場という晴れ舞台でお役目御免なのかもしれないですね。

その鬱憤を晴らすかのように嫌がらせ仕様な予感(・・;)

あぁ、怖い怖い、、

しかし、騎空団アビリティの仕様は微妙ですね。

家出しなければ可能な限り自分で騎空団アビリティを発動させる予定だったけど、団長が代理発動可能なのは2回までとか嫌がらせでしかない。

団長の仕事を楽にさせ団員に分散させようと考えたのかもしれないけど逆効果。複数役職者を指名出来るけどその時間帯にスタンバる必要があるので面倒でしかない。団長はそのフォローしなきゃいけないし…

問題なのはこのノリでアーカルムの仕様も考えられていたりすると厄介だと思うんだ。どんな内容か不明だけどまた嫌な予感がしてきた。

前回の二の舞だけは本当勘弁して欲しい。

もう1年耐えられるきくうしは少ないと思う。

去年の10月なんて私ですらやる気無くして殆どログインしておらず、日記も1回しか更新していませんでしたから。あの時期は暗黒期だった(。-_-。)